高脂血症に効くEPA&DHA

高脂血症の人にとって、脂肪の過剰な摂取は禁物です。とはいえ、脂肪を全くとらなければ人は生きていけません。脂肪にも種類があり、バランスよく摂取することが大切なのです。

 

特に近年注目されているのは、日本人が魚を食べなくなったことと、それに伴う生活習慣病の増加です。ここでは、魚油に多く含まれているEPA&DHAと高脂血症との関係についてお話しましょう。

 

コレステロールや中性脂肪を減らすEPA&DHA

 

魚に多く含まれているEPAやDHAは、オメガ3系の必須脂肪酸です。人の体内では合成されにくく、食事からとる必要のある脂肪酸を必須脂肪酸といいます。

 

特に脳を働かせるためにはEPA&DHAが必要で、魚離れが進んだ日本人にも不足のリスクが心配されています。そのため、厚生労働省が一日1、000mgのEPA&DHAの摂取を推奨しているくらいです。

 

EPA&DHAには、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあるといいます。また、EPAには、トロンボキサンという物質の合成を阻害して、血栓をできにくくする効果があるといわれています。

 

トロンボキサンというのは、血小板を凝集しやすくさせる物質です。この働きを阻害するのですから、高脂血症による動脈硬化のリスクも軽減させてくれるでしょう。

 

食事とサプリメントの組み合わせ

 

EPA&DHAの必要性がわかったとはいえ、毎日の食事で1、000mgものEPA&DHAを摂取するのは困難です。昔の日本人には魚が主食だった時代もあり、可能だったかもしれません。

 

しかし、現代ではどちらかといえば肉食中心の人が多く、魚好きの人でも3食魚を食べるというケースは少ないでしょう。そこで、食事とサプリメントで半々ずつEPA&DHAを摂取するという方法をおすすめします。これなら献立に頭を悩ませることもありませんし、質の良いEPA&DHAを効率よく摂取できるはずです。