高脂血症に効くオレイン酸

高脂血症の改善に役立つとされる成分にもいくつかありますが、中には悪玉コレステロールを減らすだけでなく善玉コレステロールも減らしてしまう作用を持つ成分もあります。

 

善玉コレステロールには血中の悪玉コレステロールを肝臓に戻す働きがあり、減ってしまうとやはり高脂血症の原因となります。そこで注目されているのが、オリーブオイルなどに含まれるオレイン酸です。ここでは、オレイン酸と高脂血症の関係についてお話しましょう。

 

悪玉コレステロールのみを減少させる働き

 

オレイン酸は一価不飽和脂肪酸の一種で、オリーブオイルや紅花油などに多く含まれています。最近では、亜麻仁油なども注目されていますね。

 

一価不飽和脂肪酸のメリットは、悪玉コレステロールのみを減少させてくれるところです。コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあるといっても、善玉コレステロールまで減らしてしまってはかえって不健康になりかねません。

 

そのため、オレイン酸が悪玉コレステロールのみに働きかける点に注目されているのです。この他、オレイン酸には悪玉コレステロールが酸化するのを防ぐ働きもあります。抗酸化作用があるため、活性酸素の除去にも役立つというわけです。

 

オリーブオイルが良い理由

 

実は、オレイン酸は動物性の脂肪分にも含まれています。しかし、動物性の脂肪には飽和脂肪酸も含まれており、中性脂肪やコレステロールを増やしてしまうデメリットも持ち合わせているのです。

 

その点、オリーブオイルには飽和脂肪酸は含まれておらず、高脂血症の改善にはもってこいです。そうはいっても、オリーブオイルも脂分の一種ですから、摂り過ぎれば脂肪過多につながってしまいます。あくまでも適量を摂ることによって、健康効果に役立ててください。