高脂血症は自覚症状がないまま大病に発展

高脂血症は血液中に脂肪が過剰に増えてくる病気ですから、それ自体では自覚症状らしきものは感じられないことがほとんどです。ただ、意識としては食べ過ぎ飲み過ぎているような気がするということはあるかもしれません。

 

これを正しておかないと、知らない間に高脂血症を通り越して他の大病を発症してしまうこともあります。ここでは、高脂血症から発展する病気についてお話しましょう。

 

動脈硬化のリスク

 

高脂血症は、動脈硬化を発症するリスクが高い病気として知られています。動脈硬化は糖尿病や高血圧などからも起こり得る病気で、いわゆる生活習慣病の究極の状態といってもいいでしょう。

 

動脈が硬くなり、血液が詰まったり血管が破裂しやすくなることで、心筋梗塞や脳卒中を起こしやすくなります。命にもつながる病気ですから、深刻に受け止めなければなりません。

 

そして、高脂血症も進行度合いによっては、動脈硬化に近いところにいる可能性があります。もしかすると、既に動脈硬化を発症している高脂血症の場合もあり、そのときはすぐに薬物療法が開始することもあります。因みに、動脈硬化にも自覚症状はほとんどありません。

急性膵炎や胆石症のリスク

 

高脂血症には自覚症状がないのが普通とされていますが、中には血液中の脂肪値が急激に高くなることで急性膵炎などを起こすこともあります。

 

急性膵炎は突然激しい腹痛を訴える病気ですから、高脂血症からつながった場合には高脂血症の自覚症状といってもいいかもしれません。

 

胆石症も、高脂血症から発展する可能性のある病気です。やはり激しい痛みや発熱を伴う病気ですから、自覚症状がないことが珍しいでしょう。こうした激しい苦痛を感じる病気を引き起こしかねない高脂血症は、早めに改善することが大切です。