高脂血症の改善に!おすすめサプリメント!

中年のイメージが強い高脂血症(脂質異常症)ですが、暴飲暴食を続けていれば誰でも高脂血症になる可能性が。

 

・ストレス
・喫煙
・運動不足

 

思い当たる人は、中性脂肪値・コレステロール値に注意しましょう。これらは、増えすぎると血流が悪くなり、動脈硬化を招きます。数値改善には、生活習慣の改善のほか、食生活の改善が大切。特に、DHA&EPAやナットウキナーゼは、血液中の中性脂肪を減らし、血栓を溶かす働きがあるので積極的に摂りましょう。当サイトでは、これらの有用成分を配合した、高脂血症を改善するサプリメントをご紹介します。

 

 

きなりの特徴

DHA&EPA&ナットウキナーゼで高脂血症を改善するサプリメントです。1日めやす4粒にDHA&EPAを500r配合。1日摂取推奨量の半分が摂れます!クリルオイルの中のDHA&EPAは、抗酸化成分アスタキサンチンで成分劣化の心配なし。吸収率もよく、本来のパワーをそのまま摂り込むことが可能に。ナットウキナーゼが、いまある血栓にも対応。魚嫌いな方でも、飲みやすいと好評。サプリメント初心者にもおすすめ。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 DHA&EPA・ナットウキナーゼ
 

 

 

大正DHA・EPAの特徴

DHA&EPAで高脂血症を改善してくれるサプリメントです。1日めやす1包(5粒)に、DHA&EPAを600r配合。成分の酸化を守るためのアルミ個包装は、持ち運びにも便利です。独自技術のおかげで、体の中で溶けやすいカプセルは、魚臭さも感じません。持ち歩けるので、飲み忘れが心配がないと好評。余計なものは必要ない、予防のために摂りたいという方にもおすすめです。

価格 1,000円
評価 評価5
備考 DHA&EPA
 

 

 

DHA&EPA オメガプラスの特徴

DHA&EPA&亜麻仁油で高脂血症の改善を助けてくれるサプリメントです。DHA&EPAだけでなく、不飽和脂肪酸の仲間である亜麻仁油を配合しています。また、血流改善によいスクワレンを、鮫とオリーブからの2種プラス。1日めやす4粒に、DHA&EPAは328r配合。サプリメントが苦手な方にも飲みやすく、ほんのり甘い仕上がりになっています。体に良いものをまとめて摂りたいという方に、おすすめです。

価格 1,666円
評価 評価3
備考 DHA&EPA・亜麻仁油
 

 

高脂血症の原因、症状はあるの?

 

中年以降に多くなるケースが多いとされる高脂血症は、どんな病気なのでしょうか。その名称からわかるように、体内に脂質が増える病気ではないかと想像できても、高脂血症は単なる肥満ではありません。血液中に、コレステロールや中性脂肪(トリグリセド)が増えてしまう病気なのです。ここでは、高脂血症の原因や症状についてお話しましょう。

 

高脂血症の原因

 

コレステロールは、人体内に全く不要というわけではありません。腸内にも善玉菌と悪玉菌がいてバランスをとって健康を保っているように、コレステロールも悪玉コレステロールが増えてくると健康に害を与えかねない状態になってきます。コレステロールも中性脂肪も水にとけないため、血液中に増え過ぎてしまうと血液の流れを阻害します。

 

そして、動脈を硬くしてしまう動脈硬化の原因となるのです。しかし、なぜ高脂血症が引き起こされるのでしょうか。原因の第一は、暴飲暴食やアルコール、タバコ、ストレス、生活習慣の乱れなど多様です。それほど暴飲暴食をしているつもりがないという人でも、そもそも現代の食品に多く含まれている脂質や糖質を毎日のように何気なく摂り続けていれば、自然と高脂血症になる確率が高まります。

 

中年以降になると基礎代謝が低下してきますし、運動もせずに美味しいものを食べ続けていると、消費するエネルギー以上のカロリーが体内に蓄積されてしまうというわけです。添加物の多い加工食品やファストフードなども、原因になり得ます。近年では、若い人や子供でも高脂血症になる人が増えていますから、食生活や生活習慣には十分に気をつけたほうがよいでしょう。

 

高脂血症の症状

 

高脂血症そのものは、自覚症状など感じない病気です。痛みや発熱などがあるわけではなく、肥満しているかもしれないという意識から心配する程度でしょう。しかし、知らぬ間に動脈硬化になっていて、ある日突然心筋梗塞や脳卒中を起こすことも珍しくはありません。健康診断は定期的に受けて、高脂血症への注意信号に気をつけておくべきです。

 

高脂血症になる食事はどんなもの?

 

高脂血症には遺伝的な原因も稀にありますが、ほとんどの場合は食生活や生活習慣が原因となっています。そのため、病院で高脂血症と診断されても、治療にはまず食事療法や運動療法で生活改善を図ることが中心となります。

 

日本では6人に1人くらいが予備軍も含めた高脂血症だと考えられていますから、予防のためにもまずは食事の仕方に気をつけたほうがよいでしょう。ここでは、高脂血症になりやすい食事についてお話します。

 

脂質以上に要注意の糖質

 

高脂血症というくらいですから、予防や改善のためには脂肪分を多く含んだ食事を控える必要がありそうだということは、大抵の人に想像がつくでしょう。確かに脂肪分も要注意なのですが、それ以上に控えるべきなのは糖質です。糖質も脂質も生きていくためには必要な栄養素ですが、現代の日本人は両方の栄養を取り過ぎています。

 

野菜ですら糖質を多分に含み、フルーツも糖度が高いものが価値があるとされるほどですから、いかに日本人が糖質過多に傾いているかがわかるでしょう。魚にも肉にも脂質は含まれていますが、特に肉類には脂肪が多く、体内で溶けにくい、つまり燃焼に時間がかかるのがネックです。

 

アスリート並みに運動をしているわけでもないのに、肉類中心の食事をしていると、脂質が過剰になるのは当然です。また、糖質もエネルギーとして燃焼されなければ体内に脂肪として蓄積されてしまいます。特に皮下脂肪となって溜まってしまうと、内臓脂肪よりも燃焼しにくいのが問題です。高脂血症を予防するには、脂質と糖質を最低限に控えるように気を付ける必要があるでしょう。

 

アルコールの摂取

 

食事での脂質と糖質に加えて、アルコールの摂取も高脂血症への道を加速させてしまいます。アルコールには糖質も多く、また肝臓内で分解されたときに発生する物質が体脂肪の燃焼を妨げてしまいます。そのため、高脂血症の予防や改善には、アルコールを控えることも大切です。

 

高脂血症を改善するには?食事の改善、運動不足解消が必要?

 

高脂血症が遺伝的な原因からきているのであれば、すぐに薬物療法が始まることもあります。しかし、原因が生活習慣からきている場合、多くは食事療法と運動療法で治療をしていくことになります。

 

食事療法でも運動療法でも効果が出なかった場合は、薬物療法に入ることになるでしょう。ここでは、高脂血症を改善するための食事や運動についてお話します。

 

食事の改善

 

高脂血症になった原因の多くは、脂質や糖質が多い食事です。脂質や糖質をある程度とっていても、他の栄養をバランスよくとれていたり、食物繊維を多めにとっていれば、代謝が極端に落ちるようなこともありません。

 

ただ、中年以降には基礎代謝が低下する人がほとんどで、それまで食べていたより少ない食事量にしても太ってしまうことが珍しくありません。基礎代謝が低下すれば脂質や糖質が体内に蓄積されやすくなり、血中にも脂質が過剰に運ばれてしまうようになるのです。

 

脂質や糖質は健康に生活するために必要な栄養でもありますから、適度に食事に摂り入れるようにし、ビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく加えるようにしましょう。また、体内の不要物を解消しやすくしてくれる成分、体内をさらさらにしてくれるような成分を摂り入れるのも一案です。ポリフェノール類や魚油に多いとされるEPA&DHA、オメガ3脂肪酸のオレイン酸などが注目されています。

 

運動の必要性

 

食事に気をつければ、運動しなくても高脂血症を改善できると思う人もいるかもしれません。確かに、誰もが運動できる健康体にあるわけではなく、無理な運動が禁物な場合もあります。

 

しかし、体を自由に動かせる場合は、有酸素運動を中心に無理のない程度に運動したほうが、体内の脂肪をエネルギーとして燃焼させやすくなります。一週間に一度激しく運動するよりは、毎日軽く運動を続けるほうが効果が上がるでしょう。

 

高脂血症改善の手助けにサプリがおすすめ!どんな成分が効くの?

 

高脂血症の改善には、まず食事療法と運動療法が欠かせません。ただ、それまで好きに食事をしていた人が、急に脂質や糖質を控えた食事をするのはなかなか大変です。運動も、毎日続けることが大切ですから、長らく体を動かさない生活を続けてきた人にとっては考えるだけで気が重いでしょう。

 

とはいえ、食事や運動で生活を改善していかないと、高脂血症はよくなりません。そこで、食事や運動の効果をサポートしてくれるようなサプリメントの力を借りてみることをおすすめします。ここでは、高脂血症の改善に人気のサプリメントの成分について、お話します。

 

オメガ3系脂肪酸の摂取

 

人体には、必須脂肪酸と呼ばれる脂肪の摂取が必要です。必須脂肪酸は体内では合成されないため、食事からとる必要があります。必須脂肪酸の種類にもいろいろありますが、中でも注目されているのがオメガ3系脂肪酸です。

 

脳にも重要な働きをしているオメガ3系脂肪酸は、魚油に含まれるEPA&DHAやオリーブ油などに含まれるオレイン酸に代表されます。近年では認知症やうつ病の研究にもオメガ3系脂肪酸が注目されており、動脈硬化による心臓発作や脳卒中を軽減する傾向があるという研究結果が発表されています。高脂血症を改善できる上に、気持ちも前向きにしてくれる脂肪酸をとれば、人生バラ色になるのではないでしょうか。

 

納豆のネバネバ成分、ナットウキナーゼ

 

日本人には昔から納豆を食べる習慣があり、最近では発酵食品として健康効果をもたらすと再注目されています。納豆はネバネバした性質がありますが、あのネバネバにはナットウキナーゼと呼ばれる物質が含まれているのです。ナットウキナーゼには血栓を溶解する効果があるという発表がされ、一躍血液サラサラ成分として躍り出ました。納豆を食事で食べるよりも効率よくナットウキナーゼをとりたいという場合は、サプリメントでの摂取がおすすめです。

更新履歴